ATON JOURNAL VOL.2

2020.07.31




2020/FWのコレクションを考えるにあたり、英国の探検家トマス・パケナムが長い年月をかけて収集した世界中の木々の写真集を手に取りました。自然にはなんと強烈な個性が溢れているのだろう…と強い衝撃を感じると同時に、自然への恭敬の念をより強く持ちました。

そこで、それぞれの木の独特な色目を生かし、菩提樹・屋久杉・ジェンパーなどの樹皮などから抽出した染料で馴染みのNATURALDYEで染め上げました。

中でも特に印象的だった菩提樹のウォームホワイトを、シーズンメインカラーとしました。



ATONの「NATURAL DYE」とは

ATON の「NATURAL DYE (ナチュラルダイ)」の商品は、植物の花、葉、茎、樹皮、果皮、または鉱物などから抽出した染料で染色をしています。

通常、植物から色素を抽出して染める草木染めの場合、その色素を安定させる為に水に溶かした金属と化学反応させて、固着・発色させます。その金属の液体「媒染剤」が、色がくすんで見えてしまう原因になります。その媒染剤を使用せず、色落ちも少なく、美しい色めで染め上げられるのがNATURAL DYEです。

植物から抽出した色素は、人間の目で見える幅以上の色素を含み、私たちの認識する「一色」の中に、200種類もの変化する色素が入って、強い色素も弱い色素も光に乱反射することによって奥深い色となります。対して化学染料は均一の大きさの粒子で、均一な光の反射をする為クリアーでフラットに見えます。なのでNATURAL DYEで染めた商品は、植物から抽出した色素によるナチュラルで複雑な反射と化学染料のようにクリアーな反射が混ざり合い、植物の色の持つ本来の色合いが再現できています。

また、NATURAL DYEは植物から抽出した色素に若干の化学染料(約5〜10%)で色素補強をします。 これは光に対する堅牢度(強さ)、汗に対する堅牢度を上げる為、植物色素の不安定さを補助する為です。

ATON では、100%天然にこだわるのではなく、安全な状態で染めた自然の色で心が躍る商品になるようにNATURAL DYEで染めています。





ボタイジュ / 英名 Tilia Miqueliana(Warm White)

ボタイジュは、シナノキ科の植物の一種です。
中国原産の落葉高木。高さは10m 程。花期は6~7 月頃で、淡黄色の花を咲かせます。日本へは、臨済宗の開祖栄西が中国から持ち帰ったと伝えられ、各地の仏教寺院によく植えられている植物です。





ヤクスギ / 英名 CryptomeriaJaponica(Khaki)

ヤクスギは、ヒノキ科スギ亜科スギ属で日本原産の常緑針葉樹。
ヤクスギは、屋久島の標高500m 以上の山地に自生するスギで樹齢1000 年以上のものを指し、樹齢1000 年未満のものはコスギと呼びます。栄養の少ない花崗岩の島に生える屋久杉は成長が遅く、木目が詰まっており、降雨が多く湿度が高いため、樹脂分が多く腐りにくい特徴を持つ植物です。





ジェンパー / 英名 Juniperus Chinensis (Blue Gray)

ジェンパーは、別名イブキビャクシン、ヒノキ科ビャクシン属の常緑高木で多くの変種・品種があります。
葉は短く茎に密着し、互いによりあって葉の付いた枝は、棒状の外見を持ちます。材は赤みがあり木理が美しく、家具材や床柱に利用されます。伊吹の名は、滋賀県の伊吹山から来ているとする説がある植物です。





トネリコ / 英名 Fraxinus Japonica(Charcoal Gray)

トネリコは、モクセイ科に分類される落葉樹であり、日本を原産地とする一種です。
樹皮は薬として用いられ、木材は弾力性に優れ、建築資材などに使用されます。敷居の溝に白蝋を塗って、滑りを良くすることから「戸に塗る木」とされたのが、転訛して「トネリコ」と発音されるようになった植物です。





ログウッド / 英名 Logwood(Navy)

ログウッドは、天然の植物染料の一つです。
メキシコや南米が原産のマメ科の常緑高木。邪気を払うと伝えられ、仏衣の染料にも使用されています。ナポレオンのコートやイギリス艦隊のネルソン提督のジャケットも染めたと言われ、日本では喪服などを染めていた植物です。





レッドウッド / 英名 Sequia Sempervirens(Burgundy)

レッドウッドは、米国の太平洋岸のオレゴン州南西部からカリフォルニア州中部にかけて分布しています。
高さ70~80m、直径 4.5mにもなり、世界的にも巨木になることで知られ、森林地帯の風景のシンボルとなっている植物です





イチジク / 英名 Ficus Carica(Charcoal Gray)

イチジクは、クワ科イチジク属の落葉高木、またその果実のことです。
原産地はアラビア南部。100種類以上あり、果樹として世界中で栽培されている植物です。