ATON_001

SUVIN COTTON

インドの綿花をひとつひとつ丁寧に手摘みをし、和歌山にて編み立てた「SUVIN COTTON」。


油分が失われることなく、繊維に傷がついていないため、薬剤など化学的な加工を一切行わずに光沢のある美しい生地をつくることができます。


また、白度の高さも特徴である「SUVIN COTTON」は、染料の食いつきも良く脱色しにくいという特徴もあります。

ATON_002
TSURI URAKE

SUVIN COTTONを和歌山の吊り編み機でゆっくりと丁寧に編み立てた「TSURI URAKE」。


通常の 1/30 という非常に低い速度で編み、自重の力のみで糸が降りていくため、余計な力をかけずに空気を含みながら編まれていきます。


表面と裏面、そして表裏のパイルを繋ぐ ”つなぎ” の3層構造。生地の伸びが圧倒的に良く、空気を含んだ温かさが特徴です。

ATON_003
SUVIN AIR SPINNING

手摘みされたSUVIN COTTONを空気紡績し、和歌山にて編まれた「SUVIN AIR SPINNING」。


糸はオリジナルで引いた糸を使用している為、通常の空気紡績による素材より、発色性と光沢感と、紡績特有のラフな表情感と肌離れの良いドライタッチを兼ね備えた、ATONオリジナル素材です。

ATON_004
GIZA WEATHER

エジプトのGIZA COTTONを、兵庫県西脇市の機屋さんにて高密度に織り上げた「GIZA WEATHER」。

密度だけではなく糸の特殊な撚り方からくるシャリ感とハリ感が特徴のATONオリジナル素材です。

ATON_005
LINEN WEATER

紀元前5千~6千年ごろのエジプトで起源と言われている人類が最も古くから親しんできた天然繊維の一つのリネンを、麻織物の産地である滋賀県近江市にて時間を掛け丁寧に高密度に織り込んだ「LINEN WEATHER」。

染色は埼玉県加須市の染工場で特殊な染色技術により、リネン特有のハリと光沢感を最大限に出した、ATONオリジナルのリネン素材です。

ATON_006
WOOL CARAMEL PIQUET

ウールの強撚糸を岐阜県一宮市の機屋さんで織り上げた「WOOL CARAMEL PIQUET」。

トルクの違う強撚糸を合わせることにより、化学繊維の力をかりずにジャージのような軽いストレッチ性を持たせています。

縦糸は細番手のセミ強撚糸、横糸に太番手の強撚糸を配置し、表面に凹凸をつくりサラッとした肌触りで着心地の良いフォーマルにも対応できるATONオリジナル素材です。

ATON_007
NATURAL DYE

ATONの「NATURAL DYE」の商品は、植物の花、葉、茎、樹皮、果皮、または鉱物から、新しい考えと技術で染料を作成し、媒染剤を使用しない堅牢技術で染色をしています。

通常、植物から色素を抽出して染める草木染めの場合、鮮やかな色が出ずに燻んだ色しか表現出来なかったり、色落ちすることもあります。

ATONは、それらの発色性や色落ちなどを克服した、日本独自の染色方法によって、脳と皮膚で感じて頂ける商品になるように「NATURAL DYE」で染めています。