ATON_001

SUVIN COTTON

インドの綿花をひとつひとつ丁寧に手摘みをし、和歌山にて編み立てた「SUVIN COTTON」。


油分が失われることなく、繊維に傷がついていないため、薬剤など化学的な加工を一切行わずに光沢のある美しい生地をつくることができます。


また、白度の高さも特徴である「SUVIN COTTON」は、染料の食いつきも良く脱色しにくいという特徴もあります。

ATON_002
TSURI URAKE

SUVIN COTTONを和歌山の吊り編み機でゆっくりと丁寧に編み立てた「TSURI URAKE」。


通常の 1/30 という非常に低い速度で編み、自重の力のみで糸が降りていくため、余計な力をかけずに空気を含みながら編まれていきます。


表面と裏面、そして表裏のパイルを繋ぐ ”つなぎ” の3層構造。生地の伸びが圧倒的に良く、空気を含んだ温かさが特徴です。

ATON_003
SUVIN AIR SPINNING

手摘みされたSUVIN COTTONを空気紡績し、和歌山にて編まれた「SUVIN AIR SPINNING」。


糸はオリジナルで引いた糸を使用している為、通常の空気紡績による素材より、発色性と光沢感と、紡績特有のラフな表情感と肌離れの良いドライタッチを兼ね備えた、ATONオリジナル素材です。

ATON_004
ORGANIC INREY

インド北部のバトワナル地区で手摘みされた上質なオーガニックコットンを和歌山市のニッターさんにて編まれた素材です。

特殊な裏毛編み方による肉感、凸凹のある表面感と膨らみが特徴のATONオリジナルジャージ素材です。

ATON_005
URUSHI

漆器の白漆からインスピレーションを得て、群馬県で加工された素材です。

コーティング材に漆を練り込み、効能である抗菌防臭機能を持ち、色は漆本来のウォームホワイト(白漆色)が特徴のATONオリジナル素材です。

ATON_006
PURE CAMEL

本来の深い色合いのキャメルカラーの繊維をそのまま使用し、愛知県一宮市で糸から織り上げたファブリック。

繊維が傷んでいない生後半年までのラクダの子供の毛を集めたもので、1頭につき一生のうちに1回だけしか取ることができない。

軽く、暖かく、ふんわりとした柔らかな肌触りが特徴の素材です。

ATON_007
NATURAL DYE

ATONの「NATURAL DYE」の商品は、植物の花、葉、茎、樹皮、果皮、または鉱物から、新しい考えと技術で染料を作成し、媒染剤を使用しない堅牢技術で染色をしています。

通常、植物から色素を抽出して染める草木染めの場合、鮮やかな色が出ずに燻んだ色しか表現出来なかったり、色落ちすることもあります。

ATONは、それらの発色性や色落ちなどを克服した、日本独自の染色方法によって、脳と皮膚で感じて頂ける商品になるように「NATURAL DYE」で染めています。